便秘や下痢対策等腸内環境を整えるためにやっている事

私が腸内環境を整えるためにやっている事として主にやっているのが、普段取り入れる食事に気をつけるという事です。

 

 

 

例えば肉などは食べることにより腸内で悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなるからか便秘だったり下痢などになることが多かったのですが、こうした摂取することで悪玉菌が増えるであろう食べ物を控えてるようにしてからは、従来度々感じていた便秘や下痢などもほとんどなくなり、快適な日常生活を送れるようになりました。

 

 

 

お肉などを食べるような機会があったとしても、私はあくまで少ない量での摂取に留めて置くようにしていますし、そのような時は同時に腸内環境を良くしてくれるような善玉菌を含むヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料を取り入れたり、有酸素運動を行うようにいたりしています。

 

 

 

後は普段から骨盤が歪まないような姿勢にするように気を配ったり、定期的に骨盤矯正運動をすることで、骨盤の歪みによる便秘も予防するようにしています。

 

便秘解消には腹筋と背筋を鍛えることも必要です。

以前体調を崩して、寝たきりとまでは行かないけれど、それに近い状態だった時があります。

 

とにかく不活発な生活で、自分でも自覚があるほど筋肉が落ちました。

 

特に腹筋と背筋の落ち方は激しく、食べた後、ポッコリ下腹が出てしまう胃下垂になってしまいました。

 

そしてこうなるのと同時に、ひどい便秘に悩まされることになりました。

 

便秘の原因が筋力の低下だという自覚があったので、体調的にはかなり辛かったのですが、がんばって腹筋と背筋の体操をすることにしました。

 

腹筋はヒザを立て、胸に手を当て、頭を軽く起こすのを20回。背筋はうつ伏せになって胸を上げるのを20回、毎日行いました。

 

始めてしばらく経つと、椅子に座っている時、自然と猫背にならないようになりました。

 

猫背が治ると、座っているだけで腹筋と背筋が鍛えられるようになり、無事便秘も解消されました。

 

腸内環境を整えるために食べ物に気を使うのも必要ですが、なにより便を出すための筋力にも気を回すことが必要だと思います。